• ブログパーツUL5
フォト

Music List

俺の曲を着メロに!!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

LINK

  • ドラマーkenzoのBANDやろうぜ!
    kenzoさんによるBANDブログ。 これからバンドを組みたいと思っている人にもわかりやすく説明してくれています。
  • Immrama
    札幌在住のカメラマン、ミチロウのサイト。心に届く写真とコトバが詰まってます。
  • 終わりのない手紙
    詩人である『愁』さんによるサイト。 時に音楽のような、時に映像のような『うた』に出会えます。 我バンドG-dBに歌詞を提供してくれる作詞家でもあります。
  • 札幌☆ドラムサークル
    楽しい楽しいドラムサークル!! 老若男女に関わらず楽しめます。 スケジュールをチェックして一度来てみてください。 はまります! ストレスと闘っている方にもオススメ♪
  • じゃっくのココロココ
    彼女が学校祭の為にドラムを始めた時、ドラマーやバンドマンがこぞってレクチャーしたのを覚えてるなぁ。 今は大切な音楽仲間です。
  • G-dB WEB CONTENTS
    所属バンドG-dBのオフィシャルHPです

   

無料ブログはココログ

2007年2月15日 (木)

青春の曲達(その2)

200pxsynchronicity_ii いや、別にね、書くネタが無いのでこのカテゴリーを乱発するわけじゃ無いのですよ。 ちょっと気になるニュースがあったものですから。

The Police が23年ぶりに再結成をして、世界37都市以上でライブをやることが発表されたとのこと。

The Police といえばこれまた80年台に大ブレイクしたイギリスのバンド。 『Roxanne』、『Message in a Bottle』、『Every Breath You Take』などなど名曲も多い。 メンバーはBのSting(そう、あのスティングです)、GのAndy Summers、DrのStewart Copelandの3ピース。 彼等の曲の中で一番好きなのがこの曲『Synchronicity Ⅱ』。 12インチシングルというサイズのレコードで発売されて、もちろん予約して買いました。 PVもギターの瓦礫の上にアンディが、ドラムの瓦礫の上にスチュワートがそれぞれ座っていて、スティングは何かにぶら下がっていたような気がする。

ちらっと、テレビで見た現在の3人。 Stingは最近でも見てたからそんなに違和感が無いとはいえ、あとの二人は十分にオッサンになってたなぁ。 アンディなんか繊細そうな危うい感じだったのに・・・・

っていうかさ、『再結成』ってみんな言うけど、The Police って解散したっけか?

2007年2月 4日 (日)

青春の曲達(その1)

C1053433 ウチにはケーブルテレビが引いてあって、土日の午前中にはもっぱらその中の音楽チャンネルに合わせていることが多い。

音楽チャンネルは見る事のできるチャンネルは4局でMTV、M-ON、Space Shawer TV、Music Air。 それをザッピングしながらちょろちょろ見ているわけだ。

日曜のMTV、AM9:00頃からはClassic '80 という番組で、俺達の年代には懐かしい曲がわんさかかかる。 んで、ふと思い立って俺が今までに聞いてきた曲達を何かのきっかけで思い出したらここに書いて行こうかなと思ったわけです。 長く続くかどうかははなはだ疑問なのだけれど、とりあえずシリーズ化を見据えてみました。

今日のMTVでは、Bryan Adams の特集を組んでいた。

Bryan Adamsはカナダ出身のロックアーティスト。 ハスキーな声でスピード感のある曲からバラードまでこなすボーカルが好きだったな。  Tina Turner とのデュエットなんかもしたりしてね。 1984年だと思ったが出す曲出す曲売れに売れた記憶がある。 田舎の網走ではレコード店にはなくて、このあたりは全て『注文』だったけど、何故かレンタルレコード屋にはおいてあったりしたものだ。(たしか『友&愛』という店だった・・・)

俺の知る限り、最大のヒットアルバムはこれだろうと思う。 タイトルは『Reckless』。 納められているほとんどの曲はよく当時の『MTV』でもかかっていた。

いやぁ、懐かしいねぇ~