• ブログパーツUL5
フォト

Music List

俺の曲を着メロに!!

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック

LINK

  • ドラマーkenzoのBANDやろうぜ!
    kenzoさんによるBANDブログ。 これからバンドを組みたいと思っている人にもわかりやすく説明してくれています。
  • Immrama
    札幌在住のカメラマン、ミチロウのサイト。心に届く写真とコトバが詰まってます。
  • 終わりのない手紙
    詩人である『愁』さんによるサイト。 時に音楽のような、時に映像のような『うた』に出会えます。 我バンドG-dBに歌詞を提供してくれる作詞家でもあります。
  • 札幌☆ドラムサークル
    楽しい楽しいドラムサークル!! 老若男女に関わらず楽しめます。 スケジュールをチェックして一度来てみてください。 はまります! ストレスと闘っている方にもオススメ♪
  • じゃっくのココロココ
    彼女が学校祭の為にドラムを始めた時、ドラマーやバンドマンがこぞってレクチャーしたのを覚えてるなぁ。 今は大切な音楽仲間です。
  • G-dB WEB CONTENTS
    所属バンドG-dBのオフィシャルHPです

   

無料ブログはココログ

2010年3月31日 (水)

合格っ!

昨年からお騒がせしていた技術士2次試験(建設部門)。

無事に合格しました。

合格発表は前日から現場出張で泊まりのため、
奥さんにネットで確認してもらって、連絡もらいました。

2次試験だけで6回、1次は一発だったので、計7年かかりました。

この仕事をしているうえでは特に学歴も気にならないのだけれど、実質は大卒が元請け、高卒は下請けの構図ができている。
たとえ大学に進まなくても、高校の専門課程を出なくても、別業種からの転職でも、頑張れば技術士になれるんだなぁ。
そして技術士になって、そんな大卒の技術者と肩を並べて仕事をしたい。
そう思っていました。

やっと念願がかないました。

2~3年後、今度は技術士の総合技術監理部門に挑戦します。
また、5年間自己啓発につとめて、APECエンジニアという肩書もつくように頑張ります。

発表日の酒は格別でした。

2008年8月 8日 (金)

毎年の行事ですから~(泣

昨日の日曜日、札幌コンベンションセンターで『技術士二次試験』受けてきました。

出来は・・・・

うーん、一応書いたよ。(笑
600字×3ページを3本の論文。

まぁ、ね、来年もあるし。
来年はキチンと準備しよう・・・

2007年11月 2日 (金)

む・・・無念・・・

8月に受験した『技術士二次試験』、結果が発表されたんだけどねぇ。

と、タイトルと最初の一行でおわかりの通り、またもや玉砕。

設問方式が変わって初年度の試験は難しいよ・・・

そして試験勉強のしようが無くなってしまった感があるね。 だいたいこの試験、正解・不正解の問題が一切なくなったんだよ。 出題されたテーマについて論文をその場で書く。 これが3問。 以上・・・

なにしろ問題が絞れないのがつらい所で、あえて試験勉強となると、『普段から建設業界についての問題や土木技術に関するトピックをしっかりと押さえておく。』ぐらいしか無いんだなこれが。 論文を書く組み立てとかは、もう何回もこんな試験を受けているので、なんとかなるんだけど、合否の境目は当然『内容』だ。

来年も受けるけど、もうはや試験勉強が始まっているってこった。

こんかいの点数はナンボぐらいだったんだろな。 通知はまだ来てない。

2007年8月 6日 (月)

例年恒例・・・

さて、例年恒例となった『技術士二次試験』が昨日の日曜日にあった。

こんなに毎年受けることになろうかとは思わなかったのだけれど、敵は思いのほか手強いわけでして・・・

しかも、今年から出題形式が大幅に変更となりましてですね、今まで苦しんできた「経験記述」なる論文が廃止になり、建設一般の論文が一つ、専門分野(俺の場合は道路だけど)の論文が2つだけの試験になったのです。

去年までは、経験記述が600字原稿用紙で6枚、一般と専門で6枚の計12枚の論文を書かなければいけなかったので、ヤマを張ってひたすら筆記の練習をしていたのだけど、今年からは全部で9枚となって、書く分量としては減った。 そのかわり、出題を見てから論文の構成や書く内容などを考えさせる方法に変わったため、かえって時間配分が厳しくなったといえる。

しかも、今年は変更後の最初の試験であるため、過去問題から傾向を読む事もできず、最近の建設業界のキーワードをひたすら覚えることしかできなかった。

んでもって、出来はというと

まぁ・・・書いたよ。 とりあえずは(笑

一応、2枚半以上の文面にはなったし、「あなたの意見を述べよ」が全部だったので、そういう内容にはなっているし。 あとは内容がどう取られるかが点数の良し悪しだなぁ。

良く読めば内容が浅い事がバレそうだけど、合格ラインがそれぞれ午前と午後でそれぞれ50%だから、当確ラインギリギリってとこかな。

発表は11月。 果報は寝て待てというところか。

さて、試験も終わったことだし、封印していた読書でも再開しようかと、試験の帰りに買ってきたのが、綾辻行人。

さて、またミステリの日々再開だ。

2006年8月 6日 (日)

これから

試験に行ってきます。

2006年7月26日 (水)

オベンキョウ中なのです

060726_080301 俺には毎年の年中行事がある。 それは技術士第二次試験。

この資格、「技術士」といって土木設計だけの資格じゃないのだけれど、この仕事を始めてからの目標だった資格なんだ。 もう一つ「RCCM」という資格もあって、これは今年取得することができたけれど、やはり最終目標は「技術士」なんだなぁ。

内容は、非常に難しい。 基本的に論文を書くのだけれど、当然その場で考えて書くのはまず不可能。 資料の持ち込みも許されていないからね。 なので必然的にあらかじめ論文を書いておいて、それを暗記していくことになるのだが、3600字程度の論文を少なくても4本くらいは暗記しておかないと試験時間内に書ききるのはムリ。

そのほかに選択問題もあるんだけど、その内容の濃さったら半端じゃない。 近年の建設業の動向だの、輸送手段の比率だのなにやらチンプンカンプンなんだ。 そのためには普段からそういう情報を常に仕入れていかないとならないのだけど、毎日そんな事考えてたら知恵熱でちゃうよ。(笑

今年の試験はハッキリいって準備不足の感はあるけど、あと10日くらいだから一生懸命やってみよう。 来年は試験内容が少し変更になって楽になるという話なんだけど・・・。

そんな訳で、3曲目の作成はストップしてます。 終わったら作るので楽しみにしていてくださいね。

年中行事。。。 にはしたく無いねぇ。